お金持ちのマネをする

スポーツなんかでよく言われることですが、子供の頃なんかはスター選手の動きをマネしたりしませんか?それはスポーツでなくても、歌でも絵を描くことでも髪型でも服装でもあらゆるジャンルで言えることなのですが、とにかく憧れの人のマネをしたというのは誰しも経験があることだと思います。

そしてそれは、お金持ちになるためのマインドでも同じことが言えると思います。お金持ちになりたかったらお金持ちのマネをすればいい…これは非常に有効な手段ではないかと思います。

スポーツや髪型やファッションなどは、個人の能力やスペックが大きく影響してきます。自分がどんなに頑張っても届かない、近付けない、似合わない…そういうことはいくらでもあると思います。

しかし、お金持ちになるためのマネというのはかかる時間こそ違うかもしれませんが、時間をかければ追いつけるところは結構あるのではないでしょうか。天才的なひらめきなどはマネをするという問題ではないかもしれませんが、どういう風に仕事を進めているのか、生まれたアイデアの傾向、何時間仕事をしているか、睡眠は何時間かなどなど、分析するところはいくらでもあると思いますし、そんなところを細かくマネをしてければお金持ちにどんどん近付いていくと思います。

お金持ちというのは生まれ持ってのお金持ちを除いて、ものすごく仕事をする時期というのがあると思います。いえ、お金を手にした今でもバリバリに仕事をこなしている人も多いことでしょう。単純に、仕事に時間を費やすだけでも収入は増えると思います。たったそれだけでもお金持ちに近付くことが出来るということですよね。

出来るだけのお金持ちのマネをしましょう。
マネをすればするほどあなたはどんどんお金持ちに近付いていくと思います。

物事はシンプルに考えよ

いつも自分に言い聞かせていることなのですが、難しい局面であればあるほどシンプルに考えることをテーマとしています。シンプルに考えるとは、例えば何か問題があったとするなら、それに対して一言で返答するような感覚です。

頭が痛くて、疲れてるのに、なんだか目が冴えて毎日眠れないんです。だから翌日の仕事にも影響してなんだか悪循環なんです…という問題があるとするなら、だったらお医者さんで睡眠薬もらえばえーやん。みたいな感覚です。

毎日眠れない→なんでだろう→仕事が向いていないのか→食べ物が良くないのか→運動不足なのか→精神的に満たされていないのか…とか色々と悩んでしまう人も多いと思いますが、もっとシンプルに寝れることに特化してしまえばいいと思いませんか?眠ることが出来ればとりあえずは解決する訳ですから。

頭の悪い人は簡単な問題を難しく考えてしまうと言います。
普通の人は難しい問題を難しく考える。
頭の良い人は難しい問題を簡単に考えるそうです。

口で言うほど簡単なことではないかもしれませんが、意識することだけでも随分と変わってくると思います。それに、シンプルに考える分、余計な悩みを抱えずに済みますし、悩まない分無駄な時間を浪費しなくて済みます。

自分のエネルギーを有効活用する為には物事をシンプルに考えることが重要なのではないでしょうか。車で言うと燃費が良い状態ですよね。

一日は24時間、一年は365日と時間は限られています。
この平等で、且つ限られた時間をどう使うかは人それぞれであって、時間の使い方次第で人生は劇的に変わってくるものだと思います。

物事はシンプルに考えましょう。
そしてシンプルな考えで出された答えを虎視眈々とこなしていけばいいんです。

たったそれだけで本当に色々と変わってくると思いますよ。大切なお金持ちのマインドです。

即日融資にも条件がある

キャッシングに申し込みを行った後は必ず審査が行われます。
金融機関側も当然のことながら損をするわけにはいかないので、申込者に十分な返済能力があるかどうかをチェックしなければなりません。
調べられる内容はそれぞれの金融機関によって変わってきますが、基本的には申込書に記入した申込み内容と個人信用情報になります。
個人信用情報に関しては、申込者が報告をするわけでなく、金融機関側が個人信用情報機関のデータベースに確認を入れます。
最近は金融機関の情報がコンピューターで管理されたことで、審査時間が短縮され、最短で30分という即日融資が当たり前になってきています。
しかしながら、勤務先への在籍確認は、金融機関側が直接電話連絡をして確認を取るため、申し込んだ日に勤務先が営業していないときは、在籍確認が翌日、もしくは翌週になるので、必ずしも即日融資が行われるわけではないのです。
また、キャッシングを申し込んだ金融機関が休みの日であったときも、審査を行うことができませんし、ネットから申し込んで銀行振り込みを選択した場合も、銀行の営業日でなければお金が振り込まれません。
このような場合も即日融資は行われないので注意しましょう。
ただ、自動契約機は土曜日や深夜まで営業していることもあります。
もし、急いでいるときは、このようなサービスを提供している金融機関を探して申し込んでみると、よりスピーディーな融資が可能となります。
融資を希望されているのなら今すぐお金が必要※キャッシング即日審査でお金を借りるが有益な情報を発信しています。

家柄が貧乏とかお金持ちとかそういうものは関係ない

自分の家は貧乏だから自分はお金持ちにはなれない…。
貧乏な家柄で育ったから自分が貧乏なのか仕方がない…。

そんな風に考えている方はいませんか?

お金持ちのマインドとして、家柄が裕福だとか貧乏だとか、そういった先天的な要素はほとんど関係ないというものがあります。

人生とは自分で切り開いていくもの…そういう考えでなければお金持ちなんかにはなれません。

そもそも、お金持ちなど全人口のほんの数パーセントです。

テレビなどでお金持ちの豪邸を見たり、美味しいものを食べている映像などを見ると、あんな家に生まれていれば自分もお金持ちなのに…などと思ってしまうかもしれませんが、そういう考えではいつまで経ってもお金持ちにはなれないでしょう。

むしろ、自分もいつか豪邸に住んで美味しいものを食べたいくらいに思わないと、そのステージに到達することは無いと思って間違いありません。

そもそも、お金持ちのマインドというのは裕福な家庭に生まれるとか、宝くじが当たったとかそういうことではないんです。自分の人生を己で切り開いてお金持ちになるにはどうすればいいのか…これが最も重要な考え方なのです。

そして、そんな自分で切り開かなければならない人生において、最も大きな疫病神は恐怖心だと言われています。その恐怖心を払拭することが出来なければ、それは同時に不幸を払拭出来ず、いずれ人生をも台無しにしてしまうと言います。

お金持ちになる為に先天的な要素は一切関係ありません。
お金持ちの家柄に生まれた人は、人よりちょっとだけ優位に立っているだけです。
貧乏だからと言ってお金持ちになれない理由にはならないのです。

全てはマインド…お金持ちになるにはやはりマインドが重要なのです。

比較するポイントで有利なキャッシングは変わる

キャッシングは、比較するポイントを変えることによって、有利になる業者は全く違ってきます。
申し込みをするときには、自分が求めているポイントをハッキリさせてから、選ばなければいけません。
金利が低い、というポイントを最優先にすると、有利になるのは銀行です。
銀行は金利が低く、14%前後になっています。
一方の消費者金融は、17%から18%の間なので利息の総額が大きく変わってくるでしょう。
利息の額を少なくしたいと考えているなら、銀行を選びましょう。
今すぐ借りたい、というポイントを最優先にするなら消費者金融です。

消費者金融なら即日融資は常識といっても良いほどで、最短30分で審査が完了する業者もあります。
最近は即日融資をしている銀行も増えてはきましたが、それでも数だけを比較すると、消費者金融の方が圧倒的に多くなっています。
繁忙期に申し込むと銀行だと数日かかることがありますから、確実に今すぐ借りたいなら消費者金融です。
便利なサービスということなら、消費者金融が有利です。
大手の消費者金融は、短期間だけ無利息で借りられるサービスを提供しています。
銀行でも提供しているところはありますが、消費者金融ほど広まっていません。
消費者金融に申し込み無利息でキャッシングすると、金利が高いというデメリットを解消することも可能です。
小額を短期間だけ借りるなら、銀行より消費者金融で無利息キャッシングで借りた方が有利になります。

時間は無限にあると考えない

お金持ちの考えを持っている方は、時間をものすごく大切にします。中には、時間はお金よりも価値があり重いものだと考えている方もいます。

いえ、むしろお金を持っている方はほとんどがお金よりも時間を大切にしているのではないでしょうか。

考え方はとても単純です。

お金は取り返すことが出来ますが、時間は取り返すことが出来ないからです。

使ったお金は働いたりしてお金を稼げばまた元に戻すことが出来ます。しかし、使った時間はもう一生取り戻すことは出来ません。このお金と時間の最も大きな性質の違いをお金持ちは大切にしているのです。

また、お金を違い時間は誰にでも平等に与えられるものです。

1日24時間、これはどんな人にでも平等に与えられます。
この時間をどう過ごすか、これがとても重要になってくるんです。

しかし、冷静に考えてみると時間は平等に与えられていないことに気付きませんか?

例えば、アルバイトなんかは自分の時間を切り売りしてお金を稼いでいます。時給800円という金額で働いているのであれば、自分の1時間の価値は800円以上にはなりません。

与えられた1日24時間というものに価値を見出すのであれば、この時給という枠から抜け出すしかありません。時間は無限の可能性を秘めています。また、何度も言うようですが使った時間はもう二度と戻ってきません。

このことをよく肝に銘じ、時間とお金の使い方についてしっかりと考えて行動するようにしましょう。

寝ている時間が多い方は、それだけ時間を浪費していると思います。その浪費している時間をどれだけ価値ある時間に変換出来るか…ここが重要ではないでしょうか。

ま、これはお金にも言えることですね。

心配は重要、しかし過度の心配は禁物

今日はお金持ちというよりは経営者のマインドについて書いてみたいと思います。

経営者って実はものすごく臆病って言いますよね。
そこで働いている社員からすれば何をそんなにビクビクしているのか…と思ってしまいそうになりますが、ある程度の保障がされている社員と比べ、経営者は一寸先は闇ですから臆病になってしまうのも分かる気がします。

ですので、経営者は何事にも過度に心配していると言われますが、あまりにも過度に心配し過ぎるのは良くないと私は思います。

例えば、それを見ている社員はどう思うでしょう。
この社長で大丈夫かな…と不安になってしまいますよね。

しかも、一寸先は闇とはいえさすがに明日とか明後日レベルでどうにかなるものでもありません。最低でも数カ月の猶予はあるはずですから。

経営者ならば仮に業績が傾いたとしても、その数カ月の間で何とか立て直すくらいの気持ちを常に持ち、守り半分攻め半分くらいの気持ちで良いのではないかと思います。

また、心配をし過ぎると良いアイデアも生まれず、せっかくのビジネスチャンスにも気付かず、常に追われているような感覚でピリピリしてしまうと思います。そんな感覚では社員たちも気が滅入ってしまいますし、会社全体にとっても決して良い影響とは言えないのではないでしょうか。

確かに心配することは経営者にとって非常に重要なものです。
ただ、やはり過度の心配は禁物だと思います。

経営者である以上攻める時は攻める…
これくらいの強い気持ちが無いと業績を伸ばすことは難しいように思います。

同じことをしていればいつまでも安定的に収入を得られる時代ではなくなりました。

常に変化に対応出来る強い心が経営者のマインドとして必要なのではないかと思います。それがいずれお金もちのマインドに繋がっていくのかもしれませんね。

全ての責任を負う

お金持ちマインドの重要な一つの考え方として、
全ての責任を負うという考え方があります。

責任というと、与えられた仕事などに対しての責任も大切な一つではあるのですが、それだけではありません。

ここで言う全ての責任というのは、自分の全てのことの責任という意味です。

例えば、自分は貧乏な生まれで勉強もろくに出来ず、塾にも行けず、ろくな学校に行けなかった。だから良い学校を出ている人に負けるのは仕方がない…。

確かに気持ちは分かります。
お金が無い家庭に生まれてしまったのですから、当然勉強をする環境とは言い難いのかもしれません。

しかし、自分に学歴が無いからと言って高学歴の人間に負けてしまうというのを最初から認めてしまっているのはどうなのでしょうか。この考え方は完全に親の責任、家庭の責任にしてしまっていて、自分はそういう生まれだから仕方がないと言っていますよね。

この考え方では駄目なのです。
自分の人生など全てをひっくるめて責任を持つことが重要なのです。

お金持ちマインドになるには責任を全て背負う覚悟が必要になるということを覚えておいて下さい。

自分が抱えているコンプレックスなども同じです。
そのコンプレックスがあるから自分は成功出来ないと思った時点で成功は出来ないでしょう。

これまでの自分、そしてこれからの自分の全ての責任を持つようにして下さい。

そうすることで、その後に訪れる全ての結果は全部あなた自身が作り出したものと受け止めることが出来るのです。

誰の責任でもありません。
全ては自分の責任。

この考え方こそがお金持ちマインドにとても重要な考え方となります。

この先、何が起こっても自分の責任です。
このことを忘れないで下さい。

そもそもお金持ちのマインドとは

お金持ちになる最短の道…、
それはお金を稼ぐことではなく、
お金持ちのマインドを身に付けることです。

いくらお金があっても、
肝心のお金の使い方がお金持ちのマインドに沿っていなければお金は増えていくことはないでしょう。

お金持ちのマインドを身に付けることが、
お金持ちになる最短距離だということをまずは理解して下さい。

そのマインドを身に付けた後と前では、
例え100円や10円であってもその価値は全く違うものになることと思います。

また、お金持ちマインドの重要なポイントとして、
お金持ちは特別な存在だとは思わないことが重要です。
お金持ちは誰でもなれます。

生まれた家が裕福というのはまた別の話になりますが、運動神経が悪くても、容姿が悪くても、口ベタでも、誰にでもなれるチャンスがあるということをまず理解する必要があります。

言い換えれば、貧乏な家庭に生まれてもお金持ちになれるチャンスがあるのです。

どんな環境下、状況下にあったとしても、まずはこのお金持ちマインドを身に付けることろから始めてみて下さい。

今が幸せで、現状のままで良いという方は無理に変える必要はありません。
しかし、そのマインドではお金持ちになることは難しいと言えるかもしれません。

お金持ちになるにはやはりお金持ちのマインドが必要になってくるのです。

まずはお金持ちになった時の夢を描いてみて下さい。

お金があったらこうしたい…、ああしたい…。
良い車に乗って…、良い家に住みたい…。
美味しいものを食べて…、海外旅行をしたい…。

全てはそこから始まります。

その欲がお金を稼ごうとする原動力となることは間違いありません。

現状で良いとするならその欲は生まれてきませんからね。

とても簡単ですので是非やってみて下さい。
夢を描くことから始めましょう。

お金は寂しがり屋

お金持ちはお金は寂しがり屋だと思っている人が多いといいます。
なんだか子供っぽい考え方のように思うかもしれませんが、これこそが資本主義の考え方の根本であると言えるかもしれません。

お金は寂しがり屋というのは、お金はお金があるところに集まるのであって、お金のないところには集まらないというものの言い回しです。

つまり、お金持ちのところにはお金がたくさんあって、貧乏のところにはお金が無いということを表しているんですね。

資本主義とはお金を持っている人ほど強い世界です。
お金を持っている人がお金でお金を生む…これで経済が回っています。
世の中は雇う側と雇われる側に分かれ、雇う側にお金が集まり、雇われる側にはお金は集まりません。

当然、給料の高い安いはありますので雇われる側は全くお金が集まらないという訳ではありませんが、同じ会社の雇う側と雇われる側だとしたら、やはり雇う側の方にお金が集まるのは言うまでもありません。

「お金は寂しがり屋」

というお金の性格を知っている人は、
お金を増やす為に余計なお金は使いません。
使ってしまうとお金が寄ってこなくなってしまうからです。

お金のあるところにお金はどんどん集まってきます。

街角で人だかりが出来ていると何があるんだろうと気になって寄っていくように、お金はどんどんお金のあるところに寄っていきます。

この、お金は寂しがり屋という性格を知ることが、
お金持ちマインドになる為の初歩的なことと言えると思います。

いざという時のビジネスチャンスをものにする為にもお金は必要ですし、
ものすごく良い人材と巡り合いその人を雇いたいという時もお金は必要です。

お金を増やす為の行動にお金は不可欠です。
そんなお金を増やすチャンスにお金を使うことが出来れば、
当然お金は増えていきます。

とにかく、

「お金は寂しがり屋」

というお金の性格をしっかりと覚えておいて下さい。

お金持ちのマインドの礎となる考え方です。